ブログ

BLOG

『白い森まるごとFESTA』を開催しました。

『白い森まるごとFESTA』を開催しました。

10月12日・13日の2日間、道の駅白い森おぐにで「白い森まるごとFESTA」を開催しました。
町内外の方に『白い森ブランド』へ親しみをもっていただく機会として、ワークショップや特別ディナーなど様々な企画が行われました。

今回は白い森まるごとFESTAの様子をレポートします!

お土産新商品 展示・販売会

小国町では白い森ブランドの確立と周知を目指し、町外の人へ小国の特産をアピールできる商品の開発を進めてきました。
その中で、小国町の特産品「わらび」と「きのこ」に目をつけ、新しいお土産品として開発されたのが「白い森の白いわらび餅」と「白い森のきのこハウス」です。

今回の白い森まるごとFESTAで初お披露目しました。

白い森の白いわらび餅

「白い森の白いわらび餅」は小国産のわらび粉を使用した白いわらび餅に真っ白なきな粉をかけた、やさしい甘さのわらび餅です。冬の小国の雪景色をイメージしました。
薄い短冊状のわらび餅で、きな粉と一緒に食べやすくしています。

お値段は1箱3パック入り1,000円。パッケージには白い森のロゴマークがデザインされています。

白いわらび餅

新商品の『白い森の白いわらび餅』。小国町の雪景色をイメージしました。

白い森のきのこハウス

白い森のきのこハウス」はお家で手軽にきのこを育てられる栽培キット。
季節により『しいたけ』または『きくらげ』の菌床が入っています。

特別な道具は必要なし。毎日水やりをするだけで、約2~3週間ほどで立派なきのこが収穫できます。
一度収穫したら終わりではなく、菌床を洗い替えすることで3回まで収穫できるので長く楽しめます。1回で数個から20個ほど収穫でき、3回で60個も収穫した人もいるほど。

小ぶりなサイズのものをたくさん収穫するもよし、大きなきのこを育てるもよし。お料理に合わせてお好きな大きさで使えるの。

説明書付きなので初めての方も安心。おいしいきのこをお手軽に。

きのこハウス

自宅で育てて収穫できる!「きのこハウス」

展示・販売会の様子

二つの新しい商品を道の駅内の直売所『白い森のくまさん』にて試験販売しました。

わらび餅の試食

試食・販売の様子。珍しい白いわらび餅は、大変好評でした。

きのこハウスの販売

きのこハウス(1箱 2,000円)。外箱を開くと、菌床をディスプレイできます。

ワークショップも開催しました!

白い森ロゴバッグづくり

白い森のロゴマークをもっと多くの人に知ってもらいたい、という思いから白い森のロゴバッグづくりのワークショップを開催しました。

お子様連れの方はもちろん、お買い物中のお客様など非常に多くの方にご参加いただきました。

シンプルで使い勝手の良い『白い森ロゴバッグ』。
是非持ち歩いて、小国町をアピールしてくださいね!

また、白い森ロゴバッグづくりのワークショップは、年に数回・町内イベントで開催されています。
まだゲットできていない方もまた次回ご参加ください。

ロゴバック1

白い森のロゴマークがプリントされたロゴバッグ。

かぼちゃのランタンづくり

ハロウィン特別企画カボチャのランタンづくり。大小さまざまなカボチャに好きな顔を描き、ジャックオーランタンを作りました。

カボチャのランタン作り2

イベント限定スペシャルディナー・ハロウィンNight

旬彩レストランあいあいで、今回のイベント限定のスペシャルディナー『ハロウィンNight』を開催しました。

東京・新宿『BISTRO COLORIS』の川瀬シェフによる、小国の食材をふんだんに使ったコース料理が提供されました。

小国でなじみの食材も、川瀬シェフの手によって素敵なフレンチに大変身。あいあいの内装もハロウィン仕様で、いつもとは違う特別な雰囲気の中、ゆったりとディナーを楽しみました。


 

イベント当日は台風による悪天候の影響で、一部プログラムの変更がありましたが、町内だけでなく県外からもたくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございました。

この記事に関するお問い合わせ

小国町役場 総合政策課 白い森ブランド戦略室

〒999-1363 山形県西置賜郡小国町大字小国小坂町2-70
TEL; 0238-87-0821

『白い森まるごとFESTA』を開催しました。