横川ダムのほとりにある広場。町指定文化財の大イチョウの木や、イチョウの形をしたイチョウ池などがあります。

この”大イチョウ”は飛泉寺の庭前に植えられていたものであり、時代は飛泉寺開山の頃(応永34年、1427年)まで遡り、樹齢数百年に及ぶと言われています。

横川ダムの貯水池内に生育していたことから伐採補償の対象となりましたが、地域住民からの強い要望と文化財保護の観点から伐採ではなく非浸水域へ移植され、保護されることとなりました。

移植された大イチョウは、その後しっかりとこの地に根付き、ダム湖と一体となって四季折々に優美な姿を楽しませてくれます。

貯水位の下がる夏場には、イチョウが移植前に成育していた場所に設けたモニュメントが姿を現し、大イチョウ移植の軌跡をたどることができます。

施設基本情報

住所 日本、〒999-1203 山形県西置賜郡小国町大字市野々
TEL 公式サイト
支払方法 外国語対応
営業時間 定休日
料金等 インターネット環境
交通案内 JR小国駅から車で20分 バリアフリー対応
料金等 有(無料) 最寄のバス停

イチョウ広場関連ブログ記事

関連記事はありません。

イチョウ広場周辺のおすすめスポット